黒川温泉の特徴と禁煙がベーシック、禁煙治療について

日本国内には黒川温泉と呼ばれている温泉は3つあります。
1つは日本屈指の温泉と言われている熊本県の黒川温泉、香川県と兵庫県にある黒川温泉です。
ベーシックとなるのは熊本県の黒川温泉ですが、ここは阿蘇山の北側に位置する温泉郷で、2009年には温泉ミシュランでは異例とも言われている2つ星を貰っている程の有名であり、尚且つしなびた雰囲気を持つ温泉郷になっているのです。

ベーシックと言う言い方が相応しいかどうかは別にしても、温泉を楽しみたい人、日本の雰囲気を味わいたい人などにもお勧めの温泉郷と言えます。

尚、宿泊施設の特徴として最近は禁煙の部屋を用意している温泉宿が多くなっていることが挙げられます。
また、施設の中での食事をする時なども、食事処は全席禁煙にしてあり、煙草を吸わない人にとっては煙草の煙に悩まされないなどのメリットが有ります。

禁煙にしている理由と言うのは受動喫煙の問題と、部屋の中で喫煙をする事で煙草の煙の臭いが残るなどで、喫煙をしない人に対して不愉快な思いをさせてしまうと言う事からも、部屋の中での喫煙が出来ない禁煙部屋も設けられており、その数は徐々に増えていると言います。

そのため、将来的には禁煙の部屋がベーシックとなり、喫煙が出来る部屋はごく少数と言った事も在るわけです。

禁煙治療を受けることで一人で煙草を止めることが出来なかった人も、専門医のアドバイスや禁煙治療薬でもある禁煙補助剤などを利用する事で12週間などの期間の中で禁煙治療が進められ、煙草を止めることが出来るようになると言います。

煙草を止めることで健康な状態を維持出来るようになることや、黒川温泉などの有数の温泉地に出掛けた時も煙草を吸う場所を探さなくて良いなどのメリットも在るわけです。